Category Archives: 光トポグラフィー検査の特徴

誤診を防ぐ光トポグラフィー

うつ病と診断されたにもかかわらず、実はうつ病ではなく双極性障害だったというケースも稀にあるようです。

双極性障害にも関わらずうつ病としての治療を受け続けていると、良くなったと思ったらまたすぐに悪くなるという状況が長期で続き、ひどい場合には命に関わるケースも決して少なくありません。

Continue reading

光トポグラフィーの診断方法

光トポグラフィーを用いた診察方法は、患者に光トポグラフィーを装着させた状態で、「あではじまる言葉は?」のような単純な質問を行い、思いつく限り回答してもらいます。

この際、健康な人の場合は言葉を発する時に、血流量がすみやかに上昇するのに対し、うつ病患者の場合は血液量上昇が殆見られないと言われています。

Continue reading