うつ病と診断されたにもかかわらず、実はうつ病ではなく双極性障害だったというケースも稀にあるようです。

双極性障害にも関わらずうつ病としての治療を受け続けていると、良くなったと思ったらまたすぐに悪くなるという状況が長期で続き、ひどい場合には命に関わるケースも決して少なくありません。

うつ病も双極性障害も、統合失調症や適応障害も、一様に心の病として精神科や心療内科による問診で診断がくだされます。

問診による診断ですから、時として上記のような誤診がされることもあります。

そういった誤診により間違った治療が続けられ、症状が更に悪化する。

そのような最悪なケースを避けるためにも診断は正確に行われなければなりません。

そこでいま注目を集めているのが「光トポグラフィー」です。

光トポグラフィーを用いれば精神疾患を客観的に判断することができるようになるのです。

もし自分の診断に疑問を感じている方がいたら、光トポグラフィーの利用をぜひ検討してみてはどうでしょう。